紀の川市の整体院『膝痛(変形性膝関節症)』

サイトマップ
和歌山つじ自然整術院 ヘッダー画像

『膝痛』つじ自然整術院 膝痛(変形性膝関節症)・紀の川市

『膝痛の改善を目指しませんか?』
紀の川市の整体院『つじ自然整術院』では、辛い膝痛(変形性膝関節症)に対する施術をさせていただいております。
ぜひご来院ください。

膝痛(変形性膝関節症)とは

膝痛(変形性膝関節症)について

●関節の老化現象や使いすぎなどで、関節の表面がすりへって痛みや運動障害をおこす病気。
●初期には、座った姿勢から立ち上がったときや、歩き始めようとしたときに痛む(歩行を始めると消える)。
●中期には、階段を下りるときの痛みが増加、膝がはれ、水がたまる関節水腫など。
●末期には、膝の曲げ伸ばしの制限、運動中の異音(ゴリゴリなど)、O脚やX脚といった変形、歩行が困難など。

膝痛(変形性膝関節症)の原因

膝痛(変形性膝関節症)の原因は?

●一次性変形性関節症
  …老化現象(中年以後、更年期に多発するもの。畳の上の生活様式が原因とも言われる)。
  …関節軟骨(膝のクッションとなるやわらかい骨)のすり減り。
  …磨り減った骨の周辺に骨棘(こつきょく・不要な骨)が形成され可動域低下と痛みを発生する。
(※一次性とは原因がよくわからない…つまり、加齢や肥満などが原因だろうといった感じのことです)

●二次性変形性関節症
  …青年期にも発症。化膿性関節炎、骨折などの後の無理な運動。
  …無理な運動で変形した骨の周辺に、骨棘(こつきょく・不要な骨)が形成され可動域低下と痛みを慢性化する。
(※二次性とは病気や怪我などで骨の損傷があって、そのせいで関節の痛みや変形が起こり、悪化したもの)

膝痛(変形性膝関節症)の原因は様々

軟骨がすり減ったり、骨棘ができる要因として、やはり、関節自体に歪みがあるのです。

膝関節のゆがみの発生原因として、大まかにいうと姿勢と筋力低下があります。

例えば、骨盤の後傾があります

骨盤の後傾は姿勢と筋力の低下が主な原因です。

骨盤の後傾で、大腿骨の位置が変わり、そのせいで、膝関節が不自然になってしまい、負担がかかっています。

また、もっと細かな悪影響が膝関節に及んでいます。

膝痛(変形性膝関節症)を自分で治す

自分で直接膝にできることはありません。

膝関節のゆがみの方向はなかなかわかりにくいでしょう。

ですので、姿勢の矯正と筋力アップが自分でできる改善方法になります。

一概に姿勢の矯正と言っても正しい姿勢を理解しなければなりません。

また、筋力アップにもポイントがあります

膝痛(変形性膝関節症)に優しい姿勢とは…簡単に言うと、骨盤を後傾させない姿勢です。

骨盤を少しゴロンと前へ転がすイメージ…難しいでしょうか。

骨盤の位置が改善されると、股関節の位置が改善され、膝への負担も軽減されるのです。

(ちなみに胸を張った姿勢では骨盤は起きません)

膝痛(変形性膝関節症)に効果的な筋力とは

膝に対して筋力をつけようとすると、どうしても大腿四頭筋を鍛えるイメージがあります。

ダメですよ!!

…多分…

余程鍛えないと効果はないと思います。

膝関節のゆがみに大腿四頭筋はあまり関係しているとは思えません。

鍛えるなら、骨盤周り、内転筋群や臀筋あたり。

しっかり骨盤を起こすことです。

整体で膝痛(変形性膝関節症)を改善
(つじ自然整術院の無痛の整体)

膝への施術を行います

膝の痛みを取るにはやはり、膝関節への直接的な施術は欠かせません。

勿論、骨盤、股関節へのアプローチや、姿勢全体の改善も図らなければなりません。

当院の整体施術では、優しく、自律神経を整える施術でありながら、直接的な関節に対する施術と、骨盤をはじめとする姿勢全体にアプローチすることは基本ですので、お任せください。

膝痛(変形性膝関節症)についてもう一言

一度変形したものはなかなか元に戻らないので、当面は痛みを取ると言うことを目標とします。

痛みはとれても、膝以外の部位がそのままでは、膝への負担の状態はあまり変わらないので、また再発する可能性は大きくなります。

ですので、いつの間にか治ることを待つことなく当院での施術で、全体の改善を行いましょう。

それ以前に、できれば、違和感程度での早めの施術をしていただければよいのですが…。

また、当院に来られるならば、痛みが取れた後もある程度、施術を受けることで、少しでも膝の形を改善し、痛みが再発しない状態を目指せるのです。

0736-77-56516

膝痛(変形性膝関節症)のコラム記事

≫ 膝痛(変形性膝関節症)

膝の痛みと正座の関係

hizatuu1.jpg

正座は膝に悪い!!...のでしょうか?

なんだか悪そうな気がしますし、痛みが出やすそうな気がします。

でもそんなことはないです。

膝の屈曲自体は正常な可動範囲内の動きですし、正座時の荷重自体は膝ではなくお尻とその下に敷かれた足部にかかりますので、膝への負担は意外と少ないのです。

強いて言うなら、血流は悪くなりますので、あまり長い間しないほうが良いのではないでしょうか。(血流で言うならば、成長には影響が出る可能性はあります)

では、なぜ正座が膝に悪い印象があるのかというと、もともと歪んだ膝で正座をして、それで痛みが出たということでしょう。

正座は深い屈曲になりますので、歪みがあれば、きつい状態になります。

痛みが出る出ない、また、痛みがあるときの程度は、膝のゆがみの程度、状態によると思います。

痛みが出る際には正座はしないほうが良いでしょう。悪化させる可能性が高いです。

ただし、正座をしないようにするだけで良いというわけではなく、膝関節が歪んでいるわけですから、そのうち歩行時にも痛みが出る可能性があります。

そうなる前に、当院にて膝関節に対する施術をおすすめします。

正座ができない状態から正座ができるまでになることは珍しくありません。

目次へ戻る

≫ 膝痛(変形性膝関節症)

膝の痛みについて

ひざ痛

膝の痛みは内側に出ることが多いようです

特に痛みの原因が思いつかないときには、尚更膝の内側に痛みが出る確率が高まります

実はそれには理由があります

人の加重や動作は内側に負担がかかるから?...

それもあるかもしれません。

でも、本質は違います

膝の関節の歪みには癖があります。

概ね同じようなパターンで、膝が歪んできます。

原因は加齢ではなく、腰部の状態が原因です。

膝を怪我などで痛めた以外では、膝と同時に腰部の調整も行わなければ

根本的には改善しないのです

目次へ戻る

≫ 膝痛(変形性膝関節症)

膝の痛みと足首の関係性

膝・足首膝が痛い原因はいろいろありますが、概ね似たような傾向が見られます。

膝が痛いという方の多くは関節がゆがんでいるのですが、その影響が大きく足関節(足首)にも出るのです。

当院で治療する場合でも膝関節の痛みに対して足関節を触ることは少なくありません。

また、足関節を正常な位置に保持しながら膝の痛い動作をした際に明らかに痛みが軽減することが少なくありません。これは当院の施術にて実感していただけることだと思います。

(もちろん、歪みは千差万別ですので、足首を触らないこともあります)

目次へ戻る

≫ 膝痛(変形性膝関節症)

膝に水が溜まる 膝の痛み

publicdomainq-0023981.jpg

痛みとともに膝に水がたまることがあります。

病院に行くと多くは水を抜く作業になります。

更にその後、多くはまた水がたまるようです。

 

せっかく抜いた水は、なぜまたたまるのでしょうか?

 

答えは『体が必要だと判断しているから』です

(癖になっているからではありません)

 

水はなんの役目を果たしているのでしょうか?

 

少なくとも痛さを緩和するためではないです。

水が溜まって痛みが増す場合もあります。

 

どちらかと言うと膝の保護に近い現象だと考えます

 

炎症が起こると水がたまる

とも言われますが

溜まった水(滑液)の中の白血球(炎症に対して多くなる成分)の量が、

多かったり少なかったりすることがありますので、

一概に

大きな炎症=水がたまる

ではないようです。

 

ですので、大きな意味を含めて

『膝の保護』

ということになります。

 

保護する必要がなければ水は自然と引きます。

ですので、整体で膝の異常箇所を治すと

水は自ずとなくなります。

目次へ戻る

≫ 膝痛(変形性膝関節症)

膝関節の痛み(内側)と整体

bgp070.jpg

膝が痛いとなると、おおむね膝全面から内側にかけて痛みが出ることが多いようです。

 

その膝の痛みに対して、腰部が関わっていることがとても多いです。

(痛みの原因は一つでは無いと考えますので、腰部の状態は要素の一部と考えます)

おおかた、骨盤が後傾しているせいで、

下肢への悪影響が出てしまいます。

 

また腰部の神経圧迫も影響してきますので、

膝に対してだけ治療を行なってしまうと

なかなか痛みが取れなかったり

とれてもすぐに再発してしまう事が多いです。

 

当院では上記を踏まえ、全身施術を基本としています

 

 

 

 

 

 

 

目次へ戻る

≫ 膝痛(変形性膝関節症)

変形性膝関節症の治療

hennkeiseihizakannsetusyou1.jpg

膝関節にかかわらず、肘、手首、足首など、各関節について、その関節を安定、固定しているのが、靭帯になります。

靭帯は当然体の組織の一部で、体の組織は意識無意識にかかわらず,脳によって制御されています。(ストレスが多様な症状に発展することを見れば、脳が細部にわたりコントロールしていることはわかりやすいと思います)

靭帯も脳でコントロールされていると考えます。

コントロールの伝達を担うのは神経で、その神経に何らかの障害があると靭帯にも影響を及ぼします(脳のコントロールがうまく伝わっていない状態)

その際は、関節に何ら外傷歴がなくても靭帯がゆるみ、関節の音が鳴ったり、関節が太くなったりすることが多いのです。

膝関節など各関節の治療にはその関節部分の治療は当然のこと、長期的に見れば、腰部、頚部など、神経の阻害されている部分の治療を行わないと、再発の可能性は高まることになります。

目次へ戻る

0736-77-56516

紀の川市・整体院付近のgoogleMAP

住所:和歌山県紀の川市久留壁60-2
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜、祝日