紀の川市の整体院『椎間板ヘルニア』

サイトマップ
和歌山つじ自然整術院 ヘッダー画像

『ヘルニア』つじ自然整術院 椎間板ヘルニア・紀の川市

『椎間板ヘルニアの痛みの改善を目指しませんか?』
紀の川市の整体院『つじ自然整術院』では、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニアなど、ヘルニアの痛に対する施術をさせていただいております。
ぜひご来院ください。

ヘルニア(椎間板ヘルニア・頚椎ヘルニア)とは

ヘルニア(椎間板ヘルニア・頚椎ヘルニア)について

ヘルニア…体の組織の一部がはみ出した状態をヘルニアといいます。例えば、鼠径部から腸がはみ出せば鼠経ヘルニア、脊柱の椎間板がはみ出せば椎間板ヘルニアということです。

椎間板…椎間板とは、脊柱の椎体の間にある繊維質で出来た骨より少しやわらかいもの。たくさん重なっている背骨のクッションのような物と思ったら良いでしょう。

つまり、椎間板という、やわらかめの組織が少しはみ出した状態を椎間板ヘルニアと言います。これが神経を刺激すると、痛みやしびれになるのです。

腰椎でヘルニアがあれば、腰椎椎間板ヘルニア、頸椎でヘルニアがあれば頸椎ヘルニアなどと言われるということです。

●腰椎椎間板ヘルニア…強い腰痛および下肢の痛みやしびれ感などがあったり、下腿の外側や足の母指の知覚鈍麻、足の指の筋力低下などが起こることもあります。

●頚椎椎間板ヘルニア…頚肩腕部の痛み、痺れ等が出ます。

椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因は?

一般的には、椎間板に無理な力がかかり、線維輪が圧力に耐えられなくなり、その後部が破け、髄核が脱出し、神経を圧迫、刺激するものと言われています。

しかし、大きな刺激がかからない方もヘルニアになってしまうことがあります。

その際に考えられることは、腰部の前弯に対する不正状態です。

要するに、姿勢が悪く、腰椎のそり具合が不自然な状態で、主にはきつい前弯になるので、椎体後部が狭小化され、圧迫された椎間板が脱出するということです。

そして、大きな負荷や椎体の不正な位置関係が原因で、突出した椎間板が神経を刺激した結果、痛み、しびれなどが刺激部位をはじめとして、神経走行に即して発生するのです。

神経への当たり具合ではぎっくり腰の様な状態の痛みも発生します。

頸椎椎間板ヘルニアの原因は?

こちらも腰椎椎間板ヘルニア同様、椎間板に無理な力がかかり、髄核が脱出し、神経を圧迫、刺激するものと言われています。

しかし、頸椎はラグビーなど激しいスポーツでもしない限り、なかなか大きな刺激がかからないものです。

原因について加齢のせいだというお医者さんもいるようですが、そもそも原因には興味がないのでしょう。

なぜなら、そのお医者さんは、椎間板ヘルニアは、比較的若い年齢によく発症することもご存じだからです。

頚椎椎間板ヘルニアの発症原因は、姿勢が悪いために、頸椎のそり具合が不自然な状態になり、圧迫された椎間板が脱出するということです。

そして、突出した椎間板が神経を刺激した結果、痛み、しびれなどが、神経走行に即して(肩から腕、手にかけて)発生するのです。

ちなみに、高齢の方に発生が少ないのは、椎間板の柔らかさにあります。高齢になると体の水分が減るため、椎間板の水分も減り、柔軟性も乏しくなり、変形しづらいものになっているのです。

疲れ、ストレスも原因?

椎間板に負荷がかかることが原因なのでは?…概ねそうなんですが、骨は単独で機能しません。どういうことかというと、周りの筋肉や腱によって支えられているから成り立っているのです。

この筋腱のコントロールが甘いと、関節にかかる負荷が大きくなってしまう可能性があるのです。

疲れやストレスが過度になると、体中の色んなコントロールが甘くなってきてしまいます。その中に体を支える筋肉や腱のコントロールももちろん含まれます。

疲れ、ストレスなどの要素は付加的なものになりますが、なかなか馬鹿にできないものです。

ヘルニアを自分で治す

とりあえず我慢もアリかも…

ヘルニアの治療として、病院では痛みを薬などでごまかしながら痛くなくなるのを待つか、手術でヘルニア部を切除するかです。

痛みをごまかしながら痛くなくなるのを待つ…結局我慢と大差ありません。一部の病院では、固定や牽引をする可能性はありますが、安静のほうが良い場合もありますので、我慢できるならば我慢もアリかと…。

なぜなら、いずれヘルニアは自然と小さくなり、痛みは薄れてくるからです。

ただし、現在の痛みがピークである保証はありません、さらに痛くなる可能性があります。

自然治癒の痛みが減少する期間は、思った以上に長いかもしれません。

痛み以外の症状、例えば排便や排尿に影響が出るかもしれません。

重くなれば我慢では済まないかもしれません。

痛みがあるうちはご自身でできることは、ほとんどありません

程度によるかもしれませんが、医療機関や当院など信頼のおける整体院などの選択肢のほうが無難かと思います。

整体で椎間板ヘルニアを改善
(つじ自然整術院の無痛の整体)

まずは痛み、しびれなどの症状の改善から

ヘルニアによる痛みは痺れなどの諸症状はヘルニアに神経が当たって出ている症状ですが、完全にヘルニアが元通りにへこまなくても改善します

ヘルニアの周囲にある組織の位置を改善すると、ヘルニアがほんの少しだけへこむのと同時に神経の走行に対しても良い効果が得らるからです。

そのことを当面の施術でめざし、痛みやしびれなどの症状が改善した後、ご希望により、さらに状態の改善を目指す施術を行います。

とにかく、椎体の位置の調整を行うための施術を丁寧に行うのです

椎間板ヘルニアについてもう一言

ヘルニアになる前の腰痛は実はヘルニアの軽い症状だったかもしれません。

急な大きな負荷がかかったヘルニア以外は、じわじわと進行していったものかもしれません。

そういうヘルニアは治りにくいでしょう。

しかし、ヘルニアが完全にへこまなくても、とにかく神経を刺激しなければ痛みなどの症状はなくなります

当院の整体ではまずはそこを目指します。

痛みがなくなっても通っていただけるのであれば、その先(ヘルニアをへこませる)を目指します。

方法としては、椎間関節をより負担の少ない正常の形に近づけるように施術を行います。

また、当院では施術とともに日常における姿勢などのアドバイスも可能です。

手術を勧められることもあるかと思いますが、まずは当院へ一度お越しください。手術にはリスクがあります。最終手段と考えてください

0736-77-56516

椎間板ヘルニアのコラム記事

≫ 椎間板ヘルニア

ヘルニアの手術と整体

surgery-880584-400x270-MM-100.png

ヘルニアの手術間近の方が整体に来られます。

日程は決まっていないのですが、お医者さんに手術を勧められて、

でも手術は怖いので、なんとか整体で治らないかというものです。

 

この際、整体で画期的に痛みが治まるかどうかは一概に言えません。

時間がかかるかもしれません。

しかし、多くの方が手術をしないで過ごすことができています。

 

これは、手術を否定するものではありませんし、

手術のタイミングを遅らせることで、悪い影響が出てしまうことは避けないといけません。

 

一方、お医者さんでも説明はあると思いますが、

手術のリクスもあります。

たとえば、手術をしても痛みが全く取れなかったり、

手術の結果、神経を傷つけてしまい、

他の部位が悪くなってしまったりすることです。

手術が原因の痛みは整体でもなかなか取れないものです。

 

整体という選択肢が少しでもあるのならば、

早めに受けて頂けたら余裕を持って対処できます。

また、当院の整体で悪化することはありませんので、

安心してご来院下さい。

 

 

目次へ戻る

≫ 椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアと無痛整体

 bgp064.jpg

主に腰椎(部分の背骨のこと)の下の方で起こりやすいです。

脊柱(背骨)の椎間板という比較的柔らかめの組織が衝撃などで突出して神経に当たるというもの。

 

最近では、ヘルニアの存在と腰痛の関係性の希薄さを言い始めているようです。

ヘルニアがあるからと言って、必ずしもそのヘルニアが痛みと関係しているとは言い切れないもの。

(もちろんヘルニアが直接的な原因である場合もありますが、思ってた以上に直接原因ではないとわかりはじめてきた)

 

ヘルニアと診断されて当院に来てたった一回の施術で痛みが殆どなくなる人もいてます。

その場合、おそらくヘルニア自体はそんなに凹んだものではなく、

他の部分が改善されたと考えたほうが自然です。

腰痛の原因の多くがヘルニアではなかったと思われます。

 

当院ではヘルニアがあろうがなかろうが

施術の内容は殆ど変わりません。

痛みの出方、場所等によって施術ポイントが変わります。

腰痛の多くが腰椎部分の歪み(前後、左右、ひねり、傾き...)によるもので、

歪みを改善する方法としては、

筋弛緩と、骨の位置矯正を行います。

目次へ戻る

≫ 椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアと無痛整体

bgp036b.jpg

頚椎椎間板ヘルニアは外傷(怪我、事故など)でなることもあるのですが、

中年以降に原因がはっきりしないで発症することも多いです。

姿勢などの要因で頚部に負担がかかっており、

その負担部位が歪みとなっていたところに、

筋肉の衰えなどで、発症するものだと考えています。

 

これを『老化』と一括りにしてしまうのは簡単なのですが、

老化は全員に訪れるもので、

頚椎ヘルニアになる人とならない人がいるのは、老化以外の要因がプラスされるからだということには

容易に想像がでます。

 

頚椎ヘルニアにならないように、頚部への負担を軽減する方法としては、

やはり正しい位置に頭部、頚部、脊柱を持っていかなければなりません。

正しい位置にあれば、老化で組織に衰弱があったにせよ

ヘルニアに至るものではないのです。

 

日頃の姿勢はほんとうに大切です。

また、軽くてもいいので運動もとても大切です。

 

当院の整体は、姿勢や歪みを正しい位置に近づけるお手伝いができます。

目次へ戻る

≫ 椎間板ヘルニア

ヘルニアと無痛整体

publicdomainq-0017813.jpg

ヘルニア(椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニアなど)は整体で治るのか?

お医者様に言わせるとおそらくとんでもないことだと言うでしょう。

なぜなら、ヘルニアなど脊柱の異常箇所にひねりなどを加えることは、

さらなる悪化につながるからです。

 

ただし、当院の無痛ゆらし整体を、もしお医者様が見たならば、

そんな悪影響がないことを確認できるだけでなく、

さらには何ら効果がない物と捉えるかもしれません。

 

では、そんな体に影響が少なそうな整体で本当にヘルニアは治るのでしょうか?

 

結論から言うと治りません!

ちなみに、どんなボキボキ矯正する整体でも無理です!

 

治らないと断言する整体院も珍しいと思いますが、

ヘルニアが完全に治ることは稀です。

 

では当院で何を治療するかというと、

痛みが出ないようにするまで変化させるのです。

 

人の体はほんの少しの変化で痛みが出たり出なかったりするものなのです。

 

痛くなければ、また普通に生活出来れば問題ないと捉えます。

なので、完全に正しい位置に骨格を矯正しなくても問題ありませんし、

長年積み上げて形成されたものは、

そう簡単に矯正できないものです

 

 

目次へ戻る

≫ 椎間板ヘルニア

ヘルニアの診断

herunia1.jpg

よく『椎間板ヘルニアと言われました』と来院されます。

病院で診断されたということです。

しかし、本当にヘルニアだけが原因かどうか疑わしい時も多いです。

 それは、時々、一回の施術で、しかもその場で完全に痛みが取れてしまうことがあるからです。

本当にヘルニアと神経がしっかりと接触、圧迫されていたなら、その場で痛みが取れることは稀であると考えます。

一度の施術程度でヘルニアが改善されるのなら、病院での牽引で、ほとんどのヘルニア患者が改善してしまうはずです。

また、ヘルニアの手術の後に痛みが無くなっていないことがあることも、その証拠かと思います。

ヘルニアがあっても神経に当たっていないこともありますし、また、ヘルニアが、神経に当たっていたとしても、ほかの個所に悪い部位がないとも言えません。

腰痛、神経痛は、複数の原因から成っていることも多いのです。

目次へ戻る

≫ 椎間板ヘルニア

ヘルニアはいつの間にか治る?

herunia2.jpg

ヘルニアは発症から数カ月で痛みが無くなり、通常の生活を遅れるようになることが多いようです。

治ったのでしょうか??

...治ったということは少ないようです。(痛くない=治った というなら治ったとも言えますが...)

椎間板ヘルニアはなかなかへこむものではありません。(生活改善がしっかり出来ればある程度へこむこともあります)

ではなぜ痛みがなくなるのかというと、患部の神経がヘルニアを避けて通るようになのです(神経自体の動きだけではなく、姿勢や周囲に筋緊張の具合など様々な要因でヘルニアを神経がほんの少しだけ避けます)

ヘルニア自体は、ほぼ改善されていません

なので、再発しやすい状態のまま、日常生活することになります。

この際、もし再発すれば、その多くはヘルニア(突出)自体が少し進行しているということが多いでしょう。

なので、痛みが出た際、またその後には、当院の整体で椎骨を正しい位置に近づけておくことが重要になります。

目次へ戻る

0736-77-56516

紀の川市・整体院付近のgoogleMAP

住所:和歌山県紀の川市久留壁60-2
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜、祝日