紀の川市の整体院『しびれ』

サイトマップ
和歌山つじ自然整術院 ヘッダー画像

『痺れ』つじ自然整術院 しびれ・紀の川市

『しびれの症状を改善しませんか?』
紀の川市の整体院『つじ自然整術院』では、手や足をはじめとするしびれに対して施術させていただいております。
ぜひご来院ください。

手のしびれ、足のしびれ

しびれとは

うまく動かない、力が入らない(運動の麻痺

さわった感じがわからない(感覚減退

しびれがきれた感じ(感覚異常)…などの症状

手のしびれ、足のしびれ

手や足のしびれの原因は?

しびれには様々な原因があります。しびれの中には重大な病気が原因の可能性もありますので、脳神経内科などの受診をお勧めします。

脳に関わる原因のしびれ…脳梗塞、脳出血、脳腫瘍など。

脊椎・脊髄に関わる原因のしびれ…頚椎症、椎間板ヘルニア、脊髄炎、脊髄腫瘍など。

末梢神経に関わる原因のしびれ…手根管症候群、肘部管症候群、撓骨神経麻痺、病気が原因になる糖尿病や尿毒症が、末梢に悪影響を与えることもあります。 などなど

しびれの除外診断

しびれに潜んでいる大きな病気、特に脳をはじめとする中枢の神経に異常があるかどうかは、とても重要です。

このあたりの病気かどうかはしっかり病院で診断してもらいましょう。

中枢神経に原因がないならば、整体にかかることも視野に入ってきます

手足のしびれを自分で治す

進行していないことが重要

しつこいようですが、重篤な状態でないならば、ぼちぼち自分で改善を目指すこともアリでしょう。

しびれがあるということは、神経の走行上、どこかで神経が何かに当たっています。

感覚が薄ければ、血管もどこかで阻害されているかもしれません。

絞扼ポイントは脊椎からの神経の出口か関節辺りになります

一部、胸郭出口というところなど、関節ではない通り道もありますが、ここは自分では治しにくいでしょう

手ならば、首、肩、肘、手首…足なら、腰、股関節、膝、足首…が、神経絞扼の可能性が高くなる関節ということになります。

関節周囲の筋肉を緩める

どこかの関節に神経の絞扼部位があるとして、このあたりの異常を治したいところです。

関節の異常とは、まず歪みなのですが、これは、なかなか自分で治すことが出来ません。

ですので、歪みを頑固なものにしている筋肉の硬直を和らげてあげるとよいでしょう。

和らげ方としては…

●マッサージ…コツは、優しく、指先ではなく、指の腹で押すように、物足りないぐらいの強さで。
さする…マッサージではきついときがあります。指の腹で優しくさするとよいでしょう。

整体で腰痛を改善
(つじ自然整術院の無痛の整体)

しびれの原因にアプローチ

原因を確定、または想定して施術をします。

神経の阻害要因を除去できればしびれがなくなるということです。

それは、脊椎の椎間の狭小かもしれません。

それは、関節のゆがみかもしれません。

それは、筋肉の硬直かもしれません。

骨、関節などが正しい位置に近づけば、しびれもなくなっていくということです。

痛み、しびれ、その他色んな症状の基本の考え方です。

手のしびれ、足のしびれについてもう一言

中枢神経の症状ならば、整体の手ば届くものではありません。

病院での治療が第一選択です。

整体はその次です。サブ的な位置づけで施術でしたら喜んでさせていただきます。

原因不明、または、絞扼部位が中枢以外に特定されているものでしたら、当院の整体で正しい体に戻すことで、手のしびれ、足のしびれの改善を目指してください。

0736-77-56516

しびれのコラム記事

≫ しびれ

指先のしびれ

指先しびれ

指先を始めとして痺れに対して整体で治療することは多いです。

脳内など整体の手が届かないところに原因がある場合は病院の治療が必須になりますが、神経の絞扼が原因となる場合は整体で治療することは有効です。

さて、指先のしびれとなりますと、原因がわからない場合の多くは、病院にて首が原因と言われることが多いと思います。

指先に痺れが発生した場合、絞扼部位の可能性は複数あります。

くび、胸郭出口、肘、手首などです。

この絞扼の可能性のある部位一箇所で絞扼されているとは限りません。

複数障害されていることも多いのです。

この場合、メインの絞扼部位が改善されれば痺れは解消されることになるかもしれませんが、痺れ解消の長期化、再発の早期化の可能性が高くなります。

ですので、あまり決め付けすぎないことが大切になります。

また、決めつけすぎる治療には気をつけたほうが良いでしょう。

目次へ戻る

≫ しびれ

足のしびれ

bgp006a.jpg

足がしびれる場合には

シビレ発生箇所から近位(胴体に近い箇所)に原因があります。

たとえば、足先にシビレがある場合には足首、膝、股関節、腰辺りに原因がある可能性が高いですが、

手のしびれと違い、ほとんどが腰ということになります。

足のほうが手ほど繊細に動く必要がなく、作りが頑丈だからでしょう。

腰は自身の上体の体重を支えている上に、作業などの負担を負うので、障害を起こしやすいものです。

傷害が起これば神経を刺激しますので、痛みなり痺れになります。

足のしびれで当院に来られた場合、腰部などの原因箇所と共に、

その周囲の影響箇所の改善を行うことで、

再発のしにくい体を目指します。

目次へ戻る

≫ しびれ

手のしびれ

bgp066b.jpg

手がしびれる場合には、

シビレ発生箇所から近位(胴体に近い箇所)に原因があります。

たとえば、指先にシビレがある場合には手首、肘、肩、首辺りに原因がある可能性が高いです。

上腕にもシビレがある場合には肩、首に原因なある可能性が高いです。

 

また、手首、肘、肩よりも、首のほうが、頭の重さを常に支えている分、

障害を起こしてシビレの原因になることが多いです。

 

手のしびれで当院に来られた場合、病院で原因が分からないと言われたとしても、

首を始めとする各関節や筋肉の走行などの微妙な異常箇所を探し、

改善をはかります。

目次へ戻る

≫ しびれ

しびれの治療ポイント

sibire1.jpg

手のしびれは首足のしびれは腰に原因があるこが殆どです。

要するに、そこから神経が出ている為です。

そのポイントを治療することで、症状は軽減するということになります。

もちろん、絶対というわけではありません。

神経を刺激する可能性がある場所は他にもあります。

また、慢性的なしびれはなかなか取れにくく、整体としては場所の特定は難しいものになります(画像診断という手段がないため)

それでも何度か触らせていただいていると、どこが悪いかと言う事が分かってきます

当院の整体でポイントを治療しませんか?

目次へ戻る

0736-77-56516

紀の川市・整体院付近のgoogleMAP

住所:和歌山県紀の川市久留壁60-2
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜、祝日