紀の川市『坐骨神経痛』つじ自然整術院

サイトマップ
和歌山つじ自然整術院 ヘッダー画像

『坐骨神経痛』つじ自然整術院 坐骨神経痛・紀の川市

『坐骨神経痛の改善を目指しませんか?』
紀の川市の整体院『つじ自然整術院』では、坐骨神経痛の施術をさせていただいております。
ぜひご来院ください。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛について

坐骨神経痛の痛みは、坐骨神経に沿って発生するので、下肢の後面の放散する痛みや、坐骨神経に沿って圧痛があります。

具体的には

下肢後面の痛み
下腿外側の痛み
足に感覚鈍麻、しびれなど異常感覚
足の背屈力低下

などがあげられ、動作、異常姿勢で症状が誘発されやすく、咳やくしゃみでも誘発、増強されます。

悪化すると座位、立位状態でもつらい状態になることもあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経の神経根が何らかの原因で絞扼、圧迫されている状態です。

何らかの原因は…

●腰部脊柱管狭窄症
●腰椎椎間板ヘルニア
●梨状筋症候群

等があり、坐骨神経痛というのは症状を表すときに用いいられているものです。

では、その神経を圧迫するような状態になぜなってしまうのでしょうか?

坐骨神経の圧迫の原因は…

例えば、坐骨神経痛の原因の一つと言われる腰部脊柱管狭窄症の原因として、
●変形性腰椎症
●椎間板の突出
●腰椎分離症
●腰椎すべり症
●変形性腰椎症
等があり、どれをとっても腰部のゆがみによる負担増がかかわっています

つまり、骨盤や腰椎のゆがみが坐骨神経痛の大きな要素の一つであるということなので、日頃の『姿勢』や『癖』が大きくかかっていると考えています。

例えば、
●日頃の姿勢や癖の悪影響で、お尻の骨(骨盤)が傾いている
●しかも、骨盤の左右の傾きに差があり、前後と左右に傾きが生じている
●その状態に合わせて腰椎がバランスをとって前後左右にズレが生じる。
●腰椎のゆがみにより、荷重が偏り、椎間板の突出や少しの刺激で腰椎の分離が起こってしまうようになる。
ということです。

このように坐骨神経痛の原因として、『姿勢』や『癖』が大きく関わっていると考えています。

坐骨神経痛を自分で治す

自分の坐骨神経痛の状態は把握しておきたいところです。

自身の悪い個所の状態は把握しておくに越したことはありません

ですので、まず、病院に行って画像診断をして、原因や状態を把握した後に対策を考えることをお勧めします。

また、状態がどんどん悪化している状態では、あまり自分で何かしようとしないほうがよさそうです。

上記を踏まえて、自分でできること、

●筋緊張があると思いますので、腰、足中心に優しいストレッチ(痛い方向には動かさない)
●痛みは筋力でカバーできる範囲があります。腰部を中心に大腿付近まで前後左右均等に痛みが出ない範囲で筋トレ。内転筋群も忘れずに。
姿勢を正しましょう。今更ですが正します。

月並みですが、このくらいでしょうか。

ただし、基本安静ですので、痛くない範囲で行うことが注意点でしょうか。

坐骨神経痛に対する正しい姿勢とは

正しい姿勢とは…簡単に言うと、骨盤を後傾させない姿勢です。
骨盤を少しゴロンと前へ転がすイメージ…難しいでしょうか。
この際、腰椎付近には力を入れません。骨盤だけに意識を持っていきます。
上半身はリラックスです。

整体で坐骨神経痛を改善
(つじ自然整術院の無痛の整体)

腰の施術だけではありません

●腰周囲の筋肉の緊張を軽減します。
●緊張を取ることによって腰椎(腰の骨)を動かすことができるようになります。
●腰椎を動かし(ほんの少ししか動きませんが…)痛みの直接の原因を軽減しします。特に牽引方向を意識します。
●そのさらに周囲の骨盤、股関節、大腿の筋緊張、膝に至るまで坐骨神経痛に関わると考える箇所を調整します。
●自律神経を整え、自分の力で改善する方向に導きます。

坐骨神経痛についてもう一言

つい最近出始めた坐骨神経痛でも、腰椎の異常な状態はもっと前から始まっています
そんな坐骨神経痛の原因が、少しの筋トレや数回の整体で完全になくなることはありません。

ただし、痛みだけなら数回の整体で完全に取り除くことができることがあります

当院の整体で痛みを軽減し、同時に姿勢などに気を付けて、改善の後には月に一回でも整体でメンテナンスするのはいかがでしょうか。

0736-77-56516

坐骨神経痛のコラム記事

≫ 坐骨神経痛

坐骨神経痛に対する施術について

zakotu3.jpg

坐骨神経痛は、お尻や太ももの裏など坐骨神経領域と言われる部分に痛みや痺れなどが現れます。

坐骨神経という太い神経のどこかで障害(圧迫など)されています。

梨状筋症候群脊柱管狭窄症ヘルニアすべり症などいろいろな要因で坐骨神経が障害され、神経に刺激を加えます。

とは言え、概ね腰部の下部に障害箇所(狭窄部など)があることが多いので、腰下部への施術をするのですが、そもそも、梨状筋症候群や脊柱菅狭窄症、ヘルニアなどの方を改善をしなくてはならないのですよね

ということは、梨状筋症候群や脊柱菅狭窄症、ヘルニアなどになる原因を改善しなくてはならないということです。

そう考えると、当院では症状が一つでも原因は体の複数箇所にあると考えるのです。

なかなか病院ではない考え方(病院では原因を一つに絞り込もうとする傾向)ですので、病院で治らない痛みが改善する可能性のある施術になります。

特に、手術を考える際には、その前に、ダメ元でも当院の施術を受けて見ても良いかもしれません(当院は改善する気満々です!)

目次へ戻る

≫ 坐骨神経痛

坐骨神経痛と腰痛

zakotu2.jpg

お尻や太ももの裏など、坐骨神経領域と言われる部分に痛みや痺れなどがあるのが坐骨神経痛です。

その坐骨神経という神経は、腰の下の方やお尻のあたりから出ている神経です。

殆どの坐骨神経痛は神経の出口付近で神経を傷害されていますので、そこに主な原因があるということになります(原因箇所が一箇所でも、その箇所に悪影響を与えている原因は複数にある場合がほとんどです)

腰部及び腰部周囲に原因がありますので、腰痛と関係することも少なくありません。

坐骨神経痛と腰痛の直接の原因箇所は、ほぼ同じということになりますので、腰痛であろうが、坐骨神経痛であろうが同じ施術をすることになります。

ただし、腰痛と坐骨神経痛の原因箇所が違う場合もあります。

その際に関しても、腰部周囲にある悪影響を与えている箇所は似たような箇所になります。

当院の施術は、直接の原因箇所とその周囲の施術、及び全身施術を行いますので、坐骨神経痛と腰痛の両方ある際にも、自然に対応ができるということです。

目次へ戻る

≫ 坐骨神経痛

坐骨神経痛と整体

zakotusinnkeituu.jpg

坐骨神経痛と言う名前がついても、基本的には特別なことはしません。

多くの腰痛で来られる方や、しびれで来られる方と同じように施術を行います。

なぜかというと...

まず、坐骨神経痛とは症状名の部類で、病名ではありません

たとえば、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで、坐骨神経が圧迫され、坐骨神経の走行上に痛みなどが出たときに坐骨神経痛というのです。

ですので、たまたま、坐骨神経に対して圧迫等の刺激が入っているだけで、坐骨神経痛だからと言って、特別な施術をするものではありません。

ただし、坐骨神経が圧迫される箇所として、梨状筋というおしり付近の筋肉が神経を圧迫している可能性(梨状筋症候群)がある点においては、一般的な腰痛よりも注意する範囲が広がります。

それでも、一般的な腰痛に対しても、お尻や股関節を含めて、骨盤の施術は欠かせませんので、特別違った施術にならないことがほとんどなのです。

つじ自然整術院では、症状名、病名に関わらず、目の前の体の状態、痛みの状態などを見て施術をします

あなたの体に合わせた優しいで術ですので、安心な上に効果が期待できるのです。

目次へ戻る

0736-77-56516

紀の川市・整体院付近のgoogleMAP

住所:和歌山県紀の川市久留壁60-2
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜、祝日