紀の川市の整体院『腱鞘炎』

サイトマップ
和歌山つじ自然整術院 ヘッダー画像

『腱鞘炎』つじ自然整術院 腱鞘炎・紀の川市

腱鞘炎(バネ指・ドケルバン)とは

腱鞘炎(バネ指・ドケルバン)について

●手指の運動時の痛み
●日頃の姿勢や癖の悪影響で、お尻の骨(骨盤)が傾いている。
●腫脹と圧痛が、腱鞘部位にある。
●指の曲げのばしがスムーズにいかない。
●バネ指は、腱鞘の狭窄に引っかかり伸びなくなった状態で、外から力を加えると、瞬間的に伸びる様子がバネに似ている状態。
●ドケルバンは、親指の付け根辺りの最も腱鞘炎が起こりやすい部位の症状 etc.

腱鞘炎(バネ指・ドケルバン)の原因

腱鞘炎(バネ指・ドケルバン)の原因は?

腱鞘(腱が通るトンネルのようなもの)が、同じ動作のくり返しによる過労、手指の外傷、結核、リウマチなどが誘因となって、炎症をおこし、狭窄したためにおこる。と言われています。

腱鞘炎、炎症の原因は…?

基本的には健全な腱鞘であれば、そうそう使い過ぎても炎症は起きません。そういう風に作られています。

しかし、腱鞘自体の位置が不正であれば、腱が鞘に強めに擦り付けられ、炎症が起き、炎症によってさらに動きを阻害されて悪循環を起こします。

これ以外に、炎症が先の腱鞘炎もあります。

腱鞘炎(バネ指・ドケルバン)を自分で治す

病気が起因の炎症先行のものなら安静のみ

病気が起因で炎症が起きているものは、その病気の治療を行うことや、その治療の一環で炎症を抑える治療を行うことになります。

ですので、自分でできることは『安静』になります

それ以外の『原因不明』『使いすぎ』と言われるような、バネ指やドケルバンを含む腱鞘炎も基本は安静です

本来、いずれかの関節の歪みが発生していると考えますので、その歪みが理解できれば、その歪みの解消に努める。

おそらくわからないと思いますので、関節を優しく引っ張ることが、出来ることの上限かもしれません。

整体で腱鞘炎(バネ指・ドケルバン)を改善
(つじ自然整術院の無痛の整体)

根本的な改善を目指します

病気起因の炎症による腱鞘炎の症状は、病気の治療が優先になりますので、病院での治療が第一選択になります。

その他の腱鞘炎は多かれ少なかれ、関節の歪みが関係しており、さらに自律神経の状態も影響します

当院の整体では、関節の歪みを改善を図るために、当該関節はもちろん、その周囲の筋肉や関節の調整を行い、根本的な改善を図ります。

腱鞘炎(バネ指・ドケルバン)についてもう一言

炎症により、腱鞘の状態が大きく変形している可能性がありますので、その場で痛みの改善が出ないかもしれません。

腱による腱鞘への刺激が常に加わっている状態ですので、『腱鞘の位置が少しましになる→腱からの刺激が少しましになる→炎症が少し収まる→腱鞘の位置をもう少しましにする→腱からの刺激がもう少しましになる→炎症がもう少しましになる→…

このように、程度が悪いと、少しずつ改善の道を図ることになります。

0736-77-56516

腱鞘炎のコラム記事

≫ 腱鞘炎

腱鞘炎が整体で治るのでしょうか?

thumb-up-441938-400x270-MM-100.png

まず、炎症が整体で治るのでしょうか?

答えとしては...??...

整体を教えていただいた先生に言わせると

炎症はその場で治るということなのですが、

なかなかそうは行きません。

少しはマシになりますが...

ただし、腱鞘炎の状態によればその場で楽になることがあります。

それは、腱が引っかかっている原因が炎症だけではなく、

腱の走行がずれている状態の時です。

腱と、腱鞘が正しい位置にあれば、少しの炎症が残っていても

スムースに動くことができることがあります。

動きがある程度スムースになれば、

その後の改善も早くなりますので、

腱鞘炎は整体で治るということになります。

目次へ戻る

≫ 腱鞘炎

整体と腱鞘炎

thumb-up-605738_1920-400x270-MM-100.png

腱鞘炎ということを解説すると、

腱鞘というものに炎症がおきている状態。

腱鞘とは腱が通っているトンネルのような物。

腱は筋肉と直結しているスジ状の物。

腱が、スムーズに動くように哨の中を通っています。

鞘はサヤと読みます。

刀のさやのことです。

イメージがつかめたでしょうか?

 

よく、手指の使い過ぎで腱鞘炎になるといいますが、

そのとおりです。

腱鞘と腱との摩擦によるものです。

ここで、手指の使い過ぎと言うことで、

摩擦の時間が大きくなると発症することはわかります。

さらには摩擦の抵抗が大きくなるとより発症しそうなイメージが理解できるでしょうか?

 

各関節の歪みがあると、より摩擦抵抗が大きくなり、

腱鞘炎になりやすいということになります。

 

結果、腱鞘炎を治そうとするときには、歪みを取るということが、

効果的であることがわかります。

 

目次へ戻る

0736-77-56516

紀の川市・整体院付近のgoogleMAP

住所:和歌山県紀の川市久留壁60-2
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜、祝日