紀の川市の整体院『事故の後遺症』

サイトマップ
和歌山つじ自然整術院 ヘッダー画像

『事故の後遺症』つじ自然整術院 事故の後遺症・紀の川市

『事故の後遺症の改善を目指しませんか?』
紀の川市の整体院『つじ自然整術院』では、事故後のむち打ちをはじめとするあらゆる痛みや違和感に対する施術をさせていただいております。
ぜひご来院ください。

事故の後遺症

事故の後遺症(むち打ちなど)について

むち打ちなら、

●頸部痛
●頭痛
●上肢のしびれ感
●肩こり
●めまい
●眼症状
●耳鳴り
●吐き気 など

事故直後から出るものと、直後はとくに症状はないが、数時間から翌朝さらには数日経って症状が出るものがあります。

1週間以上経って症状が出て、直接事故と関係ある症状かどうか判断しにくいこともあります。

エックス線写真では、特に事故直後は、ほとんどむち打ち傷害に特有な変化をみないです。

画像診断で判断できるほど骨の損傷がなくても苦しい症状はいくらでもあります

当然、事故の状態により、全身に対してダメージがあり、骨折ならわかりやすく、病院での診断治療にかかれるのですが、血も出ない、骨折もしていない状態、しかも脳に異常がなければ相当軽く見られ、全身の痛みや頭痛、倦怠感など諸症状も痛み止めと経過観察のみに終わることも珍しくありません

事故の後遺症の状態

事故後の体には何が起きているのか

事故にもいろいろあります。

乗車時の追突事故なら、概ね頸部の損傷、いわゆる『むち打ち』になるでしょう

車にはねられたならば全身打撲、骨折、出血状態でしょう。

骨折、出血はご理解いただけるでしょう(当院の対応状態でもありません)

当院の対象である全身打撲やむち打ちの際に、からだには何が起きているのでしょうか?

事故の後遺症はわかってもらえない

体に起きたことで考えられること

筋肉の過緊張…過緊張の原因として、急に筋繊維が引っ張られたことによる反動と、筋繊維に対する外的刺激に対する防衛反応によるものと考えます。

靭帯の伸び…動かないはずの方向に関節が向いたり、固定されているはずの関節の外圧による変形で、固定をしていた靭帯の伸びが生じます

感覚神経の断裂…どこかにぶつけた際に外観ではわかりませんが、特に表面に近い神経が切れてしまうことがあります。

以上のことは目で確認することが、まず出来ません。目で見えないものはなかなか病院では治してくれません。

事故の後遺症はやっかいなのです。

●筋肉の緊張について、この筋肉の緊張のせいで痛みや違和感、頸部なら、頭痛やめまい、吐き気などが起こる可能性があります。

筋弛緩剤ではその場しのぎで、当分の間緩まることはありませんし、収まったと思っても、ちょくちょく再発します。

●靭帯の伸びについて、伸びた靭帯はほとんど元には戻りません。しかし、病院では損傷や断裂がないと対応してくれません。伸び程度では何もしてくれませんが、ほんの少しの伸びでも痛いものは痛いですし、いつまでも再発を繰り返します

感覚神経の断裂について、運動神経の断裂をすれば、体が動かない、動きが制限われるなど病院でも手厚く対処してくれますが、少しのエリアの知覚が麻痺しても何もしてくれません。ほったらかしです。

このように状態はいつまでも改善しないにもかかわらず、誰も何も対処してくれません。自分で治すしかないのです。

事故の後遺症を自分で治す

安静以外に方法はあるのか

結論から言うと安静以外にありません。

何かできるとすれば、一連の症状がマシになり、普通の動きや生活ができるようになってからです。

その際には基本的には弱った靭帯をかばうための筋トレとか、触覚に異常があるのなら、さするなどの刺激を入れる。とかです

整体で事故の後遺症を改善
(つじ自然整術院の無痛の整体)

事故直後でも大丈夫

大丈夫どころではありません。出来るだけ早く来てください

むち打ちなら、後遺症にならずに済むかもしれません。

靭帯が伸びたのであれば、できるだけ、関節の位置調整を早くして、今以上に靭帯に負担をかけないようにしなければなりません。

感覚異常に対しては直接整体のできることはありませんが、さするなどの刺激を入れることが出来ます。

早めの対処で、その後の体の反応が違ってきます。病院では安静を言われますが、ご自身の判断で、できることがあります。

事故の後遺症についてもう一言

事故後には保険のからみもあって、通院することも大切ですが、一方、病院で経過をただ見ているだけならば、通院し続けても何ら良い結果が出る気がしません。

ご自身の体は、最終的にはご自身の責任で管理しなければ、だれも何もしてくれないと思っておいた方が良いと思います。

人任せでは後悔します

当院のことを全面的に信用しろとは言いません。これもご自身の判断で選択してください。

※病院での比較的前向きな対処

●『温熱療法』…炎症が起きていることも多いので、その際は痛みがひどくなります。楽に感じるのならば、痛みの改善も早めになると思います。

●『牽引療法』…本来有効な処置です。ただし、方法と強さが問題です。強く引っ張ることは問題外です。最悪です。ゆっくり優しく牽引してもらえれば良いのですが…。牽引のかけ始め、かけ終わり、かける部位、かけ方など、機械で個人に合わせて行うのはなかなか難しいと感じます。センスの良いお医者さんと腕の良いPT(理学療法士)にかかられてください。

●『筋弛緩薬』…ある程度有効だと思います。ただし副作用を考えるとあまりおすすめできません。それなら、どの鍼灸整骨院でも、筋弛緩治療をすれば事足りる程度です。また、筋の弛緩だけでは、根本的な改善にはいたりません。

多くの治療院は、筋の弛緩を行い、症状を軽減してくれると思います。ただし、比較的早い段階で改善の速度が止まることが多いです。より深部の筋緊張緩和のテクニックを持っているか、自律神経調整が出来る治療に早めにかかられる事をおすすめします。

私は当院の施術を本当にお勧めします。体への負担を出来るだけかけずに改善を目指すことが出来ます。

0736-77-56516

事故の後遺症のコラム記事

≫ 事故の後遺症

事故のむち打ちについて

bgp101.jpg

事故のむちうちは、概ね、事故直後よりも数日たった時のほうが痛みが大きかったりします。

これは急な運動後の筋肉痛に似たことが患部で起きていると考えます。

筋肉痛ならそのうち治るはずですが、長期にわたり痛みが続くのはなぜでしょうか?

それは、衝撃により、頚部に多様な組織の変形や傷害が起きているからです。

障害部分はその部分を守るために筋肉などの組織の硬直(収縮)が起こりますので、

硬さが痛みをを招き、痛みが更に硬さを発するという悪循環が起こります。

事故後には早めに対処を行い、最低でも痛みの悪循環を断ち切らなくてはいけません

さらに言えば、早めに『正しい対処』が必要になります。

もともと大きな歪みでない場合(事故直後は痛くなかった場合)には、

正しい処置でなくても、安静にしているば、痛みはなくなる確率は高いです。

ただし、季節の変わり目、湿度の高い日、気圧の変化などで、

思い出したかのように痛む確率が高まります。

ましてや、大きな傷害になれば、痛み自体が解消されないままになってしまいます。

変形した組織が固まってしまう前に信頼出来る治療院へ通って下さい

保険の関係で、整骨院に通われる方が多いですが、

当院の整体に事故の保険を適応することが不可能というわけではありません。

(整骨院より保険の支払の許可が降りにくいですが、被害者の希望が尊重されますので、不可能ではないです)

一度視野に入れて考えていただきたいものです。

目次へ戻る

≫ 事故の後遺症

事故の後遺症と整体

publicdomainq-0026288.jpg

事故の後遺症といえば、多くがムチ打ちとなるかと思います。

いつの間にか痛みが出てくるような肩、腰の痛みと違い、

外から力が働いて原因を作ります。

本来外的要因による変形は元に戻る力は強いと考えますが、

(骨折などは別)

早めに元の状態に戻そうとしないと、

歪んだ状態をどんどん記憶してしまいます。

 

ふとした時や、気圧の変化などで、痛みが出たりしますが、

早めの対応で、痛みの出方の強さや頻度は大きく変わってきます。

 

目次へ戻る

0736-77-56516

紀の川市・整体院付近のgoogleMAP

住所:和歌山県紀の川市久留壁60-2
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜、祝日