和歌山県紀の川市の整体院

サイトマップ
和歌山つじ自然整術院 ヘッダー画像

骨盤矯正なら紀の川市のつじ自然整術院

”骨盤矯正”と本気で向き合うのなら、紀の川市の整体(無痛ゆらし)つじ自然整術院 骨盤矯正について、正しく理解しましょう

骨盤矯正とは

骨盤矯正について

骨盤のゆがみは、腰痛、股関節の痛み、内臓への悪影響など、骨盤のズレは、様々な不具合の原因になる可能性があります。

骨盤矯正が必要になってしまう原因

骨盤のゆがみの原因は?

悪い姿勢、産後のケアが悪かった、筋力の低下などの原因で骨盤が歪んだりズレたりします。

骨盤は仙骨、腸骨、恥骨の3つからできています

骨盤は仙骨、腸骨、恥骨の3つからなっていますが、それぞれ、ほとんど動かない関節で結合されています…
ということになっていますが、骨盤は結構動いちゃいます。
骨盤全体で、前後左右、ひねりを加えた状態になることも多いです。

ご自身で骨盤をさわてみて、左右の腰骨の出っ張ったところ(上前腸骨棘)の左右差がわかる人も居られるでしょう。.

以下のような原因でゆがみが発生し、骨盤矯正が必要となります。

●日常の姿勢の悪さによる骨盤への負担
●足を組む座り方など、日常の癖による骨盤への負担
●出産による骨盤の変形、産後ケアがうまくいかなかった
●腰背部、臀部の筋緊張のバランスの悪さによる骨盤の開き etc.

骨盤のゆがみはこんな感じで進行します

●日常生活での姿勢(特に座った姿勢)が悪い
●骨盤の後傾が始まる(足を組んだりすると左右差も…)
●座る姿勢に癖があるので、ゆがみの固定化が始まる
●骨盤のゆがみが発生しているので、歩行時の足の運びにも悪影響がでる
●悪い歩き方も日常化し関節や筋肉がその状態をさらに記憶する
●悪循環を繰り返し、慢性化へ…   etc.

骨盤矯正を自分でしてみる

骨盤矯正って自分でできるの?

自分の骨盤の状態を知って、歪んだところを治す…というのは難しいでしょう。

そういう方法ではなく、正しい姿勢(立位座位とも)、正しい歩行姿勢を心掛ければかなり改善されると思います。(続けることが前提)

ポイントは
●骨盤を起こすイメージ
●動作の左右差などをできるだけ少なくすること
あたりでしょうか。

また、筋肉の強化。特に足の内転筋と言われるもの(太もも上部内側の筋肉群)を鍛えると効果が高まります。

自分で治す…から逸れてしまいますが、当院の整体で骨盤矯正しつつ、上記の改善ポイントを押さえていただいたら、より確実に骨盤の矯正がはかれるということになります。
また、筋トレや姿勢を正すことが日常的に続けることが難しいならば、定期的に当院を含め信頼できる整体院などに通うことである程度矯正しそれを維持できます。

整体で骨盤矯正をする
(つじ自然整術院の無痛の整体)

●腰周囲の筋肉の緊張を軽減します。
●緊張を取ることによって腰椎(腰の骨)や仙腸関節(骨盤にある関節)などを動かすことができるようになります。
●腰椎、股関節、必要に応じて仙腸関節を動かし(ほんの少ししか動きません)骨盤の位置を正しい方向へ導く。
●さらに周囲の、胸椎、膝関節、足関節、など骨盤調整に関わる箇所を調整します。
●全身を調整し、正しい姿勢を取りやすいようにする
●自律神経を整え、自分の力で改善する方向に導きます。

※いきなり大きく変化するものではありません。(施術直後にウエストのサイズダウンなどを感じられる方もおられますが、そのような変化は何週間も持続できません)
ですので、定期的な整体施術とご自身の生活習慣の改善がカギとなります。

骨盤矯正についてもう一言

背中から下、足に至るまでの症状に関しては、おそらく頼まれなくても骨盤矯正します。
それだけ骨盤は全身に影響を及ぼしています。

特に腰痛には、多かれ少なかれ骨盤がかかわっています。
つじ自然整術院の無痛のゆらし整体は、やさしく確実に骨盤矯正いたします。

0736-77-56516

骨盤矯正のコラム一覧

骨盤矯正のコラム記事

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正後の注意点

骨盤矯正・生活習慣

骨盤矯正をした後にどのような注意をしたらよいのでしょうか。

それを考えるには、どの状態が骨盤に悪影響があるかということを理解しなければならないのです。

まず第一に言えることは、現在骨盤がゆがんだ位置にあるということは、今のままの生活を続けていても何ら解決しないということです。

もちろん、当院では骨盤矯正を行っており、骨盤を正しい位置に近づけるのですが、いくら整体の効果が長く続くといっても、悪い習慣の中では限度があります。

その悪い生活習慣の中でも一番注意しなくてはいけないことは、座っている時の姿勢です。

座っている姿勢の何が悪いのかというと、骨盤が後傾することが一番悪いのです。例えばふかふかのソファーに座っていれば、まず悪い姿勢になっているでしょう。

背中が丸くなり、骨盤が後ろに倒れています。

そのイメージで考えると、普通の椅子や直に座布団などに座っている時の姿勢もだらんと丸く猫背になっていませんか?

だらんとなってるならば、それはかなり骨盤に悪影響を及ぼしているのです。

また、筋肉を鍛えて腰痛を含めて骨盤の矯正をしようということもアリなのですが、その際は、腹筋だけでなく、背筋や股関節周りの筋肉(特に内転筋と言われるもの)をバランスよく鍛えなければならないのです。

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正で足を内側へひねる?

健康番組

たまにテレビなどで、骨盤矯正を自分で...というような感じで紹介されているのが、女の子座り?のようなものをしているのを見ます。

女の子座りで伝わりますでしょうか?

正座をしておしりをペタッと着けてしまう状態のことです。

少し専門的な言い方をしますと、大腿の内旋(その他の状態は割愛します)状態。

骨盤の後傾は、大腿の外旋を誘発しやすいのです。(大腿の外旋とは、太ももが外にひねっている状態)

ですので、逆の内旋...ということになるのですが、この方法はとても健康的な方には効果があるかもしれませんが、からだの弱っている方や運動不足が顕著な方などは本末転送です。(健康な人が思いついたのでしょう)

骨盤を起こすことで、自然と大腿が内旋されることはもちろん良いのですが、からだが弱いと大腿の内旋に骨盤が付いて来ません。

股関節を痛めてします。

テレビで紹介するような○○○を改善的なものの中には、少なからず健康な方でないと相当体に負担のかかるようなことも多く含まれていますので、からだと相談しながら無理をせず行なってください。

痛みがきつくなるようでしたら、即中断です!

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正と腰痛

骨盤-腰痛

骨盤矯正という言葉がだいぶ浸透してきました。

それとともに、腰痛との関連性も意識されてきました。

私もその関連性を大きく感じる一人です。

腰痛を含め、痛みの原因の多くは、痛みの部位、若しくはその周辺の歪みから来ています。

ですので、腰痛の直接的な原因は腰椎の歪みによる神経への刺激になります。

ところが、骨盤(土台)の歪みによる腰椎(支柱)のゆがみである可能性が高いので、腰椎を治そうとしても、土台である骨盤が歪んだままでは、治してもまた元に戻ってしまうのです。

当院では骨盤矯正を行うとともに、日頃の姿勢の改善もお願いしております。

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正の重要さ

骨盤矯正は重要

整体の施術回数を重ねるにつれて、骨盤の位置の重要性を再認識させられます。

症状を客観的に判断したいので、骨盤に注視せず各所の痛みの原因を考えますが、結局骨盤の位置が、大小何らかの影響を及ぼしているという結果にたどり着いてしまいます。

概ね後傾し、その骨盤の後継には左右差があります。

このせいで、側湾、猫背が発生し、首、肩にまで悪影響します。

また、股関節の位置がおかしくなり、膝、足首にまで悪影響を及ぼします。

骨盤が体の中心で、バランスをとっているということをいやでも感じさせられます。

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤と脊柱

タイトルの通り、骨盤と脊柱のお話。

骨盤と脊柱との関係は、骨盤が土台、脊柱がその土台の上に立っているものです。

土台が傾くとその上にの立っている柱は傾きます。

傾いたままですとバランスが悪いので、柱の形を変えてバランスを取ります。

脊柱はバランスをとるために、前後左右に歪み、また、ひねったりします。

その際には周囲の筋肉を収縮させてその状態を維持します。

そんな状態では、当選神経に刺激が加わり腰痛などの痛みが生じます。

また、脊柱のゆがみは脊柱に付随する頸部付近、胸郭などへの悪影響が出て、肩こり、頭痛などの多岐にわたる症状を引き起こします。

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

当院の骨盤矯正は...

当院では骨盤矯正を頼まれなくても

骨盤矯正します。

それだけ骨盤は全身に影響を与えています。

 

それで、ちょくちょくあるのが、

 『ズボンにゆとりが出来ました』

というもの。

 

いままで、キツ目のズボンに少しゆとりが出来るらしいです。

当院ではサイズを測ってサイズダウンすることを売りにしていませんので、

患者さんのそういった声を聞くことで、ウエストが小さくなる効果があることを知ります。

 

骨盤、ウエストでどういったことが起きているかというと、

もちろん贅肉があっという間にとれたものではありません。

 

骨盤が正しい位置になることで、本来のウエストが現れます。

 

なので、骨盤が矯正された証拠となりますが、

必ずウエストが小さくなるものでもないです。

 

それは、骨盤の形、ずれ方、改善の度合いによるものです。

 

ただし、大方の人は骨盤が後傾していますので、

同じような現象が起きる確率は高いです

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正と足の長さ

整体に行ったことのある方は『足の長さが左右違う』と

指摘されたことがある方も少なくないと思います。

実際は足の長さがはっきりわかるほど違う方は少数派で、

大方は骨盤が歪んだ状態であると考えます。

 

どういった状態であるかは、割愛しますが、

長さが違うと当然悪影響が出ます。

1番影響が出るのが股関節になります。

 

長さが違うことによる片側にかかる負担と、

股関節が本来の位置にないので、

少しひねった状態になってしまっているということになります。

 

一度仰向けに寝転んで、足を真っ直ぐに伸ばしてみて下さい。

左右の長さが違う際には、要注意!

一度ご来院下さい

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正が体に与える影響

骨盤矯正といわれるようになってから結構月日が経ちました。

腰痛や、美容に対して骨盤矯正が行われるイメージが有るかと思います。

以下は私が考える骨盤矯正によって出ると思われる影響について。

 

  • 腰痛改善...骨盤の傾きか改善されれば、その上に乗っている腰椎が正しい状態に近づくため、神経の圧迫が開放される
  • 脚部に広がる痺れ...腰痛改善と同様の理屈。足の神経は腰部の背骨から出ているため
  • 脚部に広がる痛み...これも腰痛改善と同様の理屈。足の神経は腰部の脊柱から出ているため
  • ウエストサイズダウン...骨盤が締まると言うよりは、ウエストと思われた部分がおしりの部分だった!?と言うイメージのほうが近い
  • 胃腸の調子のアップ...用部周辺の形状改善により、内臓の居心地が良くなる(本来の腹腔空間の形に近づく状態、)
  • 生理の状態が改善...上記胃腸の調子と同じ理由。姿勢が悪いと子宮の居心地もとても悪いのです。生理不順や生理痛など
  • 易疲労(つかれやすい)の改善...骨盤が正常の位置になれば、脊椎全体の状態が改善されます。そのことで、肺の居心地も良くなり、呼吸の改善か期待できる

などなど...

骨盤は体の中心でバランスをとっている骨です。

全身への影響が考えられます。適当な骨盤矯正はおすすめしないですし、当院では骨盤を一切触らないことはありません。

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正は傾きだけではない

骨盤矯正といえばどんなことをされるイメージでしょうか?

締め付けられるイメージ?

骨盤を起こされるイメージ?

骨盤をひねられるイメージ?

当院では筋肉をゆるめ、関節を動かし、自律神経を調節する感じです。

骨盤が歪むということは、当然骨が歪むということではありません。

関節が歪んでいるのです。

その多くは腰椎の下部(おしりの上の方)の関節の異常です。

(背骨も一本どんとある骨のようですが、関節がたくさんあるのです。

椎間板なんて言われるものがある所が関節と思えばよいでしょう)

また、それに伴う股関節の異常、

忘れがちなのが、仙腸関節の異常です。

(背骨の最後、おしりの部分にある骨が仙骨、おしりのほっぺたの所が腸骨、この骨のつながりが仙腸関節といい、殆ど動かない関節と言われております)

病院でも仙腸関節を検査することはほんとうに少なく、また、異常がないということが多いでしょう。

しかし、ほんの少しの歪みで痛みが出る可能性があるのが人の体です。

当院では骨盤矯正の際に仙腸関節の異常にも気を使っています。

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤矯正は美容か健康か...

骨盤矯正と言う言葉のイメージはどんなものなのでしょうか?

ウエストのサイズダウンでしょうか、

ピックアップでしょうか、

腰痛治療でしょうか...

私のイメージはというと

  • 腰痛治療(ヘルニア、坐骨神経痛など含む)
  • 膝関節の根本治療
  • 肩こりの根本治療
  • 股関節治療
  • 足関節の根本治療
  • 内臓の調整
  • ヒップのサイズダウン・ヒップアップ
  • ウエストのサイズダウン...

辺りでしょうか。

最後の3つは美容に関わることになると思いますが、

当然整体をしていますので、美容に関しては意識が低いものです。

 

健康のために正しい位置に骨癌を矯正することは

美容につながりますが、

美容のために無理に骨盤を抑えつけることは

健康につながらないこともあります。

 

 

目次へ戻る

≫ 骨盤矯正

骨盤の後傾

多くに方が骨盤の後傾になっています。

骨盤が後傾していなさそうなスタイルの方も、

後傾しています。

 

背骨はゆるやかにS字カーブを描いているのですが、

腰部はお腹の方に湾曲(前湾といいます)しています。

ところが、本来の前湾の位置よりも少し上の部分が

前湾している状態の時、骨盤は後傾していることが多いのです。

 

この場合はかなりの頻度で腰痛が起こりますし、

改善に対してとても頑固に体が抵抗します。

(治りにくい状態)

根気よく改善を目指す古地になります。

目次へ戻る

つじ自然整術院 和泉市 整体院 つじ自然整術院

0736-77-56516

紀の川市・整体院付近のgoogleMAP

住所:和歌山県紀の川市久留壁60-2
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜、祝日